So-net無料ブログ作成

面倒な事情をわかってもらって指定席を予約。

数年ぶりにカミさんの実家がある愛媛県西条市に行くことにした。そのための新幹線の指定席を予約しにJTBを訪れ、カミさんが一生懸命、面倒な事情を説明しているところだ。

一気に松山空港に飛び、空港から電車で実家に向かうのが最も早く着く手段なのだが、今回問題になったのは、カミさんが午前中、名古屋で行われている学会に参加した後、午後に東京から岡山に行く、ワタシが乗っている新幹線が名古屋に着いたときにカミさんが合流し、一緒に岡山に向かわなければならなかったこと。そう、名古屋でカミさんに用事があったために飛行機を使えなかったのだ。

当然のことながら、ワタシが乗ってる新幹線に名古屋から合流するカミさんが私の隣の席に座れるようにするという条件付きなんだけど、さすが、JTBのプロ、カミさんのわかりにくい説明にもかかわらず、ちゃんと理解してくれ、カミさんが1人で名古屋に行く指定席券を含め、往復の新幹線の指定席券と乗車券を用意してくれた。ワタシだったら、カミさんのようなオバに訳のわからないことを言われたら、パニックになっていただろうね。

12042807_886060331485611_242321833935758709_n.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。