So-net無料ブログ作成
検索選択

「中山二郎」さんを訪れ、ラーメンを食べた。

横浜市のダウンタウンから家に戻る途中、中山駅前を通ったため、ならばブランチは「中山二郎」でしょ!とラーメン二郎中山駅前店に立ち寄り、小ラーメンを食べてきた。

以前書いたけど、各地のラーメン二郎は、その地域の名称を姓のように冠し、愛着を持って人名のように呼ぶことが多い。さっき行った中山駅前店は「中山二郎」、三田本店は「三田二郎」、赤羽店は「赤羽二郎」といった感じ。ところが、ワタシが普段訪れる相模大野店を相模二郎と言うかと思いきや、相模(さがみ)と相撲(すもう)の漢字が似ていることと、店主が元力士ということから「相撲二郎」、略して「すもじ」と呼んでいる。

でも、数寄屋橋にある「すきやばし次郎」は、じろうはじろうでも、もちろん二郎とは違う。漢字が異なる。ワタシも年に1回行くかどうかの同店は、支払い金額が二郎より約60倍も高いミシュラン三ツ星の寿司屋だよん。

話を元に戻す。その「中山二郎」には、どこの二郎にもある野菜ニンニクのほか、サービストッピングとして玉ねぎがあったため、ニンニク入れますか?と尋ねられたとき、「野菜、ニンニクマシ、玉ねぎ」と最後に「中山二郎」独自のワードを付け加えた。写真では、右側にあるのが刻み玉ねぎ、左側奥に見えるのが刻みニンニクだ。

ちなみにラーメン二郎を訪れたのは今日が今年初だった。並び始めて40分くらい(!)かかって着席できた。やはり平日じゃないと、行列が長いなぁ。

11224772_946708015420842_6992876959990409411_n.jpg

12662581_946708022087508_5527577317384031641_n.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:地域

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。