So-net無料ブログ作成
検索選択

草食系男子になり、辛味大根の蕎麦を食べた。

天ぷら重を食べ、引き続き(そら豆とウニを肴に)焼酎ロックを飲み終えたのが、今日も午後4時近くという変な時間になってしまった。そのため、腹があまり減っていなかったんだけど、この時間に食べておかないと、夜の仕事中に空腹に耐えられなくなり、生産性がガタ落ちになる恐れがあった。

上述の、この時間とは午後9時のこと。横浜・美しが丘にある蕎麦の名店「魯庵」に入店した時間だ。私が「今の腹具合だと蕎麦しか受け付けないよ。たまプラーザに食べにいこう」と提案したら、カミさんも「私もお腹がそんなに空いてないから蕎麦でいいわ」と同意した。こうして向かったのが魯庵だったのだ。何回かFBに書いているが、魯庵の蕎麦は駅の反対側にあるミシュラン一つ星の蕎麦屋「 風來蕎」のそれより美味しいと個人的には思っている。

で、胃袋と相談し、ウチら、今回は草食系男子・女子でいくことにした。つまり、蕎麦以外では同店一推しの串焼き(豚や鶏)を食べず、蕎麦も鴨せいろなど動物系のものを外したのだ。

その結果、蕎麦は私もカミさんも辛味大根の蕎麦にし、蕎麦が出てくるまでの間に食べるものとして注文したのも、土佐・甘唐辛子炙り、ムカゴの塩茹で、アスパラガス炙り、筍とタラの芽の天ぷら、と植物尽くしにした。

上記の食べ物に口をつけている間に目の前に現れた蕎麦は、いつものように鍋敷きのような独特な形状の器に載せられていた。辛味大根とともに蕎麦つゆに浸けて食べたところ、バカうま〜、メチャうま〜。とにかく美味しかった。

13001087_996726647085645_1970249048969944953_n.jpg
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。